スキンタッグの治療法とは?治療費や保険適用の有無

スキンタッグ 治療

スキンタッグの治療を行おうとした時に、どのような治療法があるのか、費用はいくらくらい掛かるのかが気になるところです。

今回はその主な治療法と費用について説明します。

スキンタッグの治療法

スキンタッグ 治療
スキンタッグの治療法は以下に示す液体窒素法、メスによる切除法、炭酸ガスレーザー法の3種類が一般的です。各治療法を少し詳しく説明します。

どの方法を選ぶかはスキンタッグの出来ている場所、個数、費用等を総合的に勘案して皮膚科の専門医が選んでくれます。

【関連記事】スキンタッグが脇にできやすい理由と皮膚科で行われる治療法

液体窒素を使った切除法

テレビで見たことがあると思いますが、液体窒素にバナナを浸すとコチコチに固まります。その原理を利用してスキンタッグを急速冷凍し悪い細胞を破壊します。

この方式は治療中少し痛みがあることと、治療後に傷後が残る可能性があることがデメリットです。大きいスキンタッグには適用しない方が良いでしょう。

メスによる切除法

スキンタッグが成長して大きくなり、皮膚に深く入り込んでいる場合に有効な治療法です。

スキンタッグを切り取る部位に麻酔を施しますから痛みはありません。大きさとして「1センチ以上」のスキンタッグには最適な治療法でしょう。

炭酸ガスレーザーによる切除法

切除する部位に麻酔をしてからレーザーを照射して細胞を蒸発させます。痛みがありませんし、綺麗にスキンタッグを除去できるというメリットがあります。レーザーの照射範囲を調節することで健全な皮膚にはダメージを与えないようにすることができます。

ただし保険が適用できず自費治療となりますから他の方法に比べて治療費はかなり高額になります。

【関連記事】スキンタッグにレーザーはベストな治療法?痛みや費用はどのくらい?

スキンタッグの治療費

スキンタッグの治療費は切除する場所や個数、大きさなどで一概に言うのは難しいですが、ガイドラインとして、液体窒素による方法であればスキンタッグ1個当たり100円~500円(3割負担)、メスによる方法は外科手術に相当しますから、大きさや個数で費用は異なります。

炭酸ガスレーザーは、病院によるばらつきが大きいですが、1個当たり1,000円~5,000円位となっています。すなわちスキンタッグが10個あれば、1万円~5万円掛かると言う事になります。

保険は適用される?されない?

治療イメージ画像
保険が適用される治療とは「怪我、疾病等があり、それを健康な状態に原状回復させる治療」に限定されていますので、何らかの処置を行い現状回復し、さらにより良くする治療には保険は適用されません。

スキンタッグの治療に当てはめますと、液体窒素による方法は保険適用、メスによる治療は保険適用になる場合と自費になる場合とがあるようです。また、炭酸ガスレーザー法は全て「保険適用外、自費診療」となっています。

【関連記事】スキンタッグの原因
【関連記事】スキンタッグが脇にできやすい理由と皮膚科で行われる治療法
【関連記事】スキンタッグに有効な薬は何?首イボにイボコロリは厳禁!

まとめ

  • スキンタッグの治療法は液体窒素法、メスによる切除法、炭酸ガスレーザー法の3種類が一般的。
  • スキンタッグの治療費は切除する場所や個数、大きさなどで一概に言うのは難しい。
  • 液体窒素による方法は保険適用、メスによる治療は保険適用になる場合と自費になる場合とがあり、炭酸ガスレーザー法は全て保険適用外、自費診療となる。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。