スキンタッグの予防法は?予防しきれずできてしまっても対処法はある!

スキンタッグ 予防

スキンタッグは正常な肌細胞が何らかの影響で異常に成長した結果であり、その原因は紫外線やターンオーバーが正常に行われない為です。

その具体的な予防策について解説します。

スキンタッグの予防とケア

スキンタッグ 予防
スキンタッグの原因は、老化や紫外線の影響、お肌の入れ替わりが正常に行われないためだと言うのが、現在の一般論です。

老化とは遺伝子の働きが悪くなり、その作用が狂ってくる事と言い変えられますが、老化を効果的に予防する手立ては今のところありません。従って努力出来る範囲で言いますと、スキンタッグを予防するには

  • 紫外線を避ける
  • ターンオーバーを正常に保つ
  • お肌の保湿を行う

という3つの事になるでしょう。

【関連記事】スキンタッグはうつる?!知っておきたいイボの種類

紫外線対策

紫外線はお肌の大敵です。DNAに損傷を与える遠因にもなっていますし、活性酸素の発生にも関係しているようです。化粧品でお顔の部分には紫外線対策をしている方は多いようですが、首や耳などは意外と紫外線に曝されていることになります。肌全体に紫外線対策をするようにしましょう。

服装で黒の紫外線防止効果のあるショールや長めの手袋も良いのですが、何しろ「オシャレ」「センスが良い」という側面から見ると合格点は差し上げられないでしょう。そういう意味合いで「紫外線防止クリーム」が一番手ごろで効果的です。外出時には顔は勿論ですが腕や首筋なども忘れないようにしましょう。

【関連記事】簡単!スキンタッグ予防に欠かせない2つのケア方法

ターンオーバーを正常化

肌は28日周期で入れ替わっていると言われていますが、加齢が進むと年齢+28日がターンオーバー周期になるようです。すなわち50歳ならば、50+28=78日であり2ケ月半も掛かることになります。

細胞は夜に入れ替わると言われていますので、ターンオーバーを正常にするには「睡眠」「栄養」がキーワードになります。早寝・早起きなど正しい日常生活が大切なのです。

しっかり保湿

お肌の乾燥は肌に悪いと言われています。人間の水分率は加齢とともに低下しますので、お肌には「保湿」が大変重要になってきます。良質な保湿クリームを使用して、お肌が乾燥しないように注意しましょう。

お肌の乾燥防止に最近注目されている「杏仁オイル」は表皮層から水分が蒸発するのを抑制する効果があると言われています。

【関連記事】杏仁オイルマッサージで首やデコルテのぶつぶつポツポツを解消!

また食事で不足しがちなビタミンB群を補う為に「ヨクイニン」を摂取することが効果的です。ヨクイニンはハトムギに多く含まれていて、美容効果もあると言う理由で女性には人気の成分です。

これらの成分は皮膚に潤いを与えて、間接的ではありますがスキンタッグの予防効果があると言えます。

【関連記事】ヨクイニンがイボに効く理由

もしもスキンタッグの予防に失敗したら

予防を頑張っていても、スキンタッグができてしまったら、まずは早く治したいと考えるものではないでしょうか。もし困ったら、商品についていろいろ比較してはいかがでしょう。

ランキングで上位の商品に「アプリアージュオイルS」という商品があります。これはアプリコットの種から抽出したオイルです。ターンオーバー正常化にも役に立つ商品なので予防にも使えて便利です。

アプリアージュオイルS

南フランス産杏仁オイル《薬用美容オイル》アプリアージュオイルS
引用元:「アプリアージュオイルS」公式ページ

【公式サイト】「アプリアージュオイルS」公式ページ

【関連記事】アプリアージュオイルSの効果と口コミ
【関連記事】スキンタッグを皮膚科で治療数場合の治療法

まとめ

  • スキンタッグの原因は紫外線やターンオーバーがうまくいかないことにある
  • 肌の状態を正常に保つことが一番大切で、そのために保湿や紫外線に気を付ける
  • 保湿にはアプリコットオイル(杏仁)や、ハトムギ成分が効果的
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。