スキンタッグが脇にできやすい理由と皮膚科で行われる治療法

スキンタッグ 脇

スキンタッグが脇にできた、と言って「ああ、イボのことね」とすぐにピンとくる経験者なら、脇にできるイボがいかに辛いかお分かりですよね。生命を脅かすものではありませんが、目障りな存在であることには間違いありません。

最近よく出回るようになったスキンタッグ除去コスメ、化粧品とは、要するにイボを取り除くための化粧品です。

スキンタッグは脇にできやすい?

脇は皮膚の摩擦が多く、スキンタッグに狙われやすい場所です。スキンタッグができても最初は茶褐色の点状なので、シミだと思い込み、放置されがちです。毎日まじまじと自分の脇を観察する人はいません。久しぶりに脇を見てシミ状のものが盛り上がっていることに気づき、初めて異変を察知することになります。

一旦できたスキンタッグは、摩擦などの刺激を受けると数を増やします。痛みや痒みはありませんが、脇の下に突起状のスキンタッグがあると気になるものです。

ワキのスキンタッグは何科を受診すれば良いの?

スキンタッグ 脇
スキンタッグが脇にできたら皮膚科を受診しましょう。イボの中でもスキンタッグは小さい部類に入りますから、液体窒素を使った冷凍療法もしくは炭酸ガスレーザーで処理します。外科用のハサミでカットする剪除(せんじょ)法で治療することもあります。

健康保険が効くため、凍結療法か剪除法のどちらかの方法で治療する患者さんが大半です。どの方法も一長一短あるので、担当の先生ともよく相談しながら治療法を決めましょう。

ちなみに、自費診療扱いの炭酸ガスレーザーはスキンタッグ1つを処理するのに1,000円前後かかるのが相場です。個数やサイズによって価格が違いますので、保険が使えない治療法を希望する時は費用のことも事前に確認して下さい。

【関連記事】スキンタッグの治療法とは?治療費や保険適用の有無

ワキの凍結療法と剪除法のメリット&デメリット

スキンタッグ 脇
凍結療法も剪除法も、受診した当日に治療を行うことができます。1つのスキンタッグを処置するのに、たった数秒しかかからないこともメリットです。

ただし凍結療法も剪除法も、麻酔を使うほどではありませんが、無痛とは言えません。特に凍結療法は痛みのために断念する患者さんも少なくありません。

マイナス200度の液体窒素で焼く、ハサミで切る、と想像するだけで具合が悪くなる患者さんもいらっしゃるかも知れません。凍結療法は何回か通院しなければならないところもデメリットです。

剪除法は凍結療法よりも通院回数が少なくて済む傾向がありますが、血が止まりにくい体質の方、ワーファリンなど血液をサラサラにする薬を服用している患者さんには不向きです。

【関連記事】脇や首に脂肪の粒!角質粒ができる原因は何?
【関連記事】スキンタッグの予防法は?肌を傷めないようにケアしよう!

まとめ

  • スキンタッグが脇にできたら皮膚科を受診。
  • 液体窒素を使った冷凍療法もしくは炭酸ガスレーザーで処理、もしくは外科用のハサミでカットする剪除(せんじょ)法で治療することもある。
  • 剪除法は血が止まりにくい体質の方、ワーファリンなど血液をサラサラにする薬を服用している患者さんには不向き。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。