目の周りの白い粒「稗粒腫」をピーリングで取る方法とは?

稗粒腫 ピーリング

目の周りの気になる白いポツポツ。
皮膚科やクリニックなどの専門機関での治療が一般的ですが、実は「ピーリング」も簡単で効果的な治療法なのです。

もちろんピーリングを行ってくれるクリニックなどもありますが、自宅でも簡単にまた安全に行うことができるのがこの方法の良いところです。

また稗粒腫だけでなく、くすみの改善にもなりお肌のターンオーバーを整えてくれるのでお肌全体への効果が期待できます。

今回はそんなピーリングケアについて方法や注意すべき点などをご紹介します。

稗粒腫(ひりゅうしゅ)って何?

まずは、目の周りの気になる白いポツポツの正体についてですが、これは角質がたまったもので「ひりゅうしゅ」と呼ばれます。原因は体質的なものが多く、ひとつに限定ができず特定が難しいと言われています。

食べ物の好みが甘いものや油っこいものに偏っているとなりやすいとも言われており、食生活を改めて改善した人もいれば、食事を改めても全く改善がみられず症状が出たままの人もいます。基本的には角質がたまったことによるものです。

お肌を清潔に保ち、ターンオーバーの機能を正常に整えておくことが大切です。また刺激が原因になることもあるので、特に稗粒腫やその他の出来物が顔に出来やすい人は、洗顔などでお肌をこするようなことのないように注意が必要です。

【関連記事】顔にできるイボの種類と症状

ピーリングで角質ケア

稗粒腫 ピーリング
さて、気になる白いポツポツですが、ピーリングでのケアが可能です。クリニックでのケミカルピーリングも安全安心でオススメですが、金額の問題やなかなか忙しくクリニックへ行く暇のない人は自宅でのケアをオススメします。

ドラッグストアなどでニキビ治療用のピーリングゲルが買えますので、それを使ってピーリングを行ってみましょう。ただし、お肌に負担がかかってしまうようであれば本末転倒なので、何か異常が現れた場合にはすぐに皮膚科やクリニックなどの専門機関で相談をしましょう。

また、ピーリングは頻度も大切です。お肌のターンオーバーが過度になると、皮脂分泌やお肌の水分バランスが崩れてトラブルの原因になってしまいますので、必ず使用するピーリングゲルの使用方法を確認してから使うようにしましょう。

アフターケアでしっかり保湿することが重要

稗粒腫 ピーリング
ピーリングのやり方について、先ほどの頻度と同じように「アフターケア」も大切です。普段の洗顔後でも、お肌は直後にはより刺激を受けやすくなるので、ピーリング後のお肌にも注意が必要です。

もっとも大切なのが保湿
ご存じの通り、お肌は乾燥にとても弱く、乾燥しているお肌はダメージを受けやすくなります。なので、ピーリングを行った後のお肌にはしっかりと化粧水や乳液を入れてあげましょう。

よくあるのが、ピーリングでさっぱりとしたお肌のままでいたいと何も塗らずに過ごす人もいますが、それはかなり危険です。バリアーが全くなくなっているような状態ですので、お肌のキレイを目指すなら保湿は必須です。

【関連記事】稗粒腫とはなに?杏仁オイル治療法にはどんなものがあるの?

比較的お金をかけずに自宅で簡単にひりゅうしゅを取り除く方法として「ピーリング」をご紹介しました。ピーリングは稗粒腫だけでなくお肌のくすみ予防やニキビ予防・改善としても効果が期待されています。正しい方法、適切な頻度で行えばお肌にとって万能のケア方法と言えるでしょう。

【関連記事】目の近くのポツポツ稗粒腫(ひりゅうしゅ)の取り方とは?

まとめ

  • 目の周りの気になる白いポツポツの正体は角質がたまったもので「ひりゅうしゅ」と呼ばれる。
  • 必ず使用するピーリングゲルの使用方法を確認してから使う。
  • ピーリングを行った後のお肌にはしっかりと化粧水や乳液を使用し、保湿を忘れずに。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。