ヨクイニンの効果的な飲み方とは?粉末が苦手でも飲める方法はある?

ヨクイニン 飲み方

ビタミンやカルシウム豊富なヨクイニン(ハトムギエキス)は粉末で飲むのが苦手という人も少なくないでしょう。毎日継続してこそ、イボケア効果をはじめとした美容効果を示してくれるため、できれば苦手な味や食感でも飲用し続けたいものですね。

そんなヨクイニンを効果的に摂取したり、飲みやすくしたりする方法をまとめます。

ヨクイニンの飲み方

ヨクイニンは東洋医学とよばれる漢方系にあたります。漢方は体の内側から時間をかけて体や肌を元に戻してくれるという特徴がありますね。こうした漢方は食前に飲んだ方が効果を出しやすいのです。

では、なぜ漢方であるヨクイニンが食前に飲むのが良いかと言えば、食後に飲むと吸収が良すぎて副作用としての胃腸障害を起こしやすくなるからです。

ヨクイニンは摂取量によっては副作用を起こしやすい漢方でもありますから、やはり食前に飲む方が副作用の回避ができるでしょう。

実際に、医師から処方されるあらゆる漢方薬も処方時の説明を受ける時に、「(漢方)は食前に飲んでください」と指導があります。ですが、例外もあり、もともと胃腸が弱くて食前に漢方を飲んでしまうと副作用が出やすいという人は食後に飲んだ方が良い場合もあるのです。

【関連記事】ヨクイニンは副作用があるって本当?
【関連記事】妊娠中にヨクイニンを飲んでも大丈夫?独断は危険?

飲むタイミング

ヨクイニンを食前に飲む事が効果的ですが、では、食前食間どのタイミングが良いのでしょうか。

ヨクイニンを飲む時は、胃酸の影響を受けない食前30分前や食事と食事の間の空腹状態である食間が目安となります。この時、直接、胃にヨクイニン成分が触れて胃痛などの副作用を起こさないようにするためにも、水かぬるま湯で摂取するようにしたいものです。

また、アルコールやカフェインなどと一緒に飲用してしまうと重大な副作用を引き起こすリスクが高くなるため、これらで飲用するのは控えましょう。

他にも牛乳などで飲用すると、胃に膜ができてしまうため、吸収が弱まる場合があります。基本の飲み方は、やはり水かぬるま湯という事になります。

【関連記事】ヨクイニンの効果はイボだけじゃない?美肌や乾燥肌の改善も!

粉末が苦くて飲みにくい…

粉薬イメージ画像
ヨクイニンの粉末が苦くて飲みにくい場合、オブラートに包んで飲むなど工夫してみましょう。

最近は、ゼリー状のオブラートも販売されていて、様々なフルーツ味で飲みやすく工夫されています。ですが、ヨクイニンのような漢方系特有の苦味には、酸味のあるフルーツ味よりもチョコレート味の方が苦味を抑えてくれるでしょう。

他にも漢方薬用に開発販売されているゼリーもあるため、色々試してみると良いですね。

こうして、ヨクイニンが飲みづらいと思う人は積極的にヨクイニンを飲みやすくする方法を考えると、継続しやすくなります。

用法用量を正しく守る

ヨクイニンは、1日1.0g〜2.0gを3回に分けて経口投与しましょう。商品によっては、1日3.0g〜6.0gを3回に分けて経口投与するものもあります。いずれも、イボの症状に合わせて増減して飲用する事が望ましいです。

また、飲み合わせとして問題になる薬品は特にありませんが、他の処方薬、市販薬ともに摂取する場合、ヨクイニンと成分が被ってしまうかもしれません。そんな時は、成分表示などをしっかりと確認し、成分が重複していないかを確認する必要がありますね。

こうして注意を払う事が、ヨクイニンの過剰摂取を防ぐ事になり、副作用を回避できます。

【関連記事】ヨクイニンとは?イボにはどのくらいの期間で効果があるの?

まとめ

  • ヨクイニンは東洋医学とよばれる漢方系で、漢方は食前に飲んだ方が効果を出しやすい。食後に飲むと吸収が良すぎて副作用としての胃腸障害を起こしやすくなるので注意。
  • ヨクイニンの過剰摂取を防止するには、他の処方薬、市販薬ともに成分表示をしっかり確認し、成分が重複していないかをチェック。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。