老人性イボの原因と種類

老人性イボ原因種類画像

年齢とともに肌トラブルは変化します。年齢が高くなってくると、シミのようなほくろのようなものができてくる方が多くいらっしゃいます。
それは本当にシミなのでしょうか?
それは単なるシミではなく、老人性イボである可能性が高いです。
老人性イボ。あまり聞こえの良い響きではありませんが、今回はこの老人性イボがどのようなものであるか、考察したいと思います。

老人性イボの原因

老人性イボの原因は名前の通り肌の老化です。ただ単に年齢を重ねたからという事だけでなく、紫外線を浴びすぎたり不規則な生活を長く続けていたりで、肌が老化状態になった時にもできる可能性があります。その証拠に、老人性と言いながらも発症年齢は20代から80代以上と幅広くなっています。

老人性イボの中でも種類があり、紫外線を長年浴びすぎた事が引き起こすシミのようなタイプと、皮膚の弾力性を失ったためできるプチっとしたイボタイプに分かれます。

どちらも老化によるイボなので良性である場合が多いと言えます。しかし、稀に悪性の細胞である場合もあるので、気になるようなら病理診断しても良いのではないでしょうか。

老人性イボの種類

老人性イボ

脂漏性角化症

主に顔にできる事の多いタイプの老人性イボです。形状は表面はザラザラしており、角質が盛り上がりボタン状に大きくなる場合もあります。色は個体差があり、肌色のものから褐色のもの、黒いものなど様々です。

一般的にはかゆみや痛みはありません。顔以外にも紫外線の当たりやすい手の甲や、腕、胸などに出やすいです。

【関連記事】黒いイボは脂漏性角化症?大きくなることもあるってホント?

老人性色素斑

脂漏性角化症の平らなものがこう呼ばれています。

【関連記事】イボの原因とは

アクロコルドン、スキンタッグ

主に首にできる糸状の小腫瘤です。多発するとされており、大きさは1mmから3mmで柔らかい半球状をしています。柔らかく柔軟性があります。色は肌色から褐色です。

【関連記事】スキンタッグってどういう意味?原因や症状とは?

軟線維腫

アクロコルドン、スキンタッグより大きく単発で発症します。大きさは、1cm大のものを指します。

【関連記事】小さいイボがいっぱい?首イボの種類別の症状と原因

稗瘤腫

大きさは1mm〜2mmで目の周りによく現れます。皮膚の下に小さな脂肪のかたまりがあるように感じられます。こすったりする物理的な刺激の繰り返しや炎症により、表皮にある角化細胞が破壊されてできる角化性嚢腫です。

【関連記事】顔にできるイボの種類と症状

汗管腫

1mm〜3mm大の常色丘疹です。目の周りに多発し痛みやかゆみやなどの自覚症状はありません。一つ一つは小さいですが、融合し、地図状になる場合もあります。エクリン汗腺の真皮内の汗管が増殖したものです。

脂線増殖症

脂線が増殖し、皮膚から隆起してくるものです。高齢者の額、ほお、鼻によく見られる症状です。単発ではなく、複数できることが多く、体質によりできやすいできにくいがあるようです。

老人性イボの考察まとめ

見た目にも老けて見える老人性イボですが、年齢による老化だけではなく、皮膚のダメージによる老化状態が引き起こす場合もあるようです。

基本的には良性ですが、稀に悪性の場合があるので気をつけなければなりませんね。

【関連記事】身体に突然現れた!イボってうつるの?イボの種類とケア方法!

まとめ

  • 老人性イボの原因は名前の通り肌の老化。
  • 紫外線を浴びすぎたり不規則な生活を長く続けていたりで、肌が老化状態になった時にもできる可能性がある。
  • 基本的には良性だが、稀に悪性の場合があるので気をつけなければならない。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。