指にできるイボの種類と症状

イボ 指

手指にできるイボ。小さい、大きい、形状など様々な手指のイボですが、本当はどんなものなのかご存知でしょうか。知らずに、かきむしったり削ったりして悪化させたりはしていませんか?
痛みや痒みがない分、軽く考えている方も多いと思います。しかし、間違った対処をして、「びっくりするくらい多発させてしまった!」「見苦しい見た目になってしまった」「巨大化して日常生活に差し障りがあるように…」なんてことにならないよう、手指のイボについて、考察してみましょう。

指のイボ 症状と原因

イボ 指
手指のイボのほとんどは、ウイルス性のイボ(尋常性疣贅 じんじょうせいゆうぜい)です。ウイルス性のイボとは、HPV(ヒトパピローマ ウイルス ヒト乳頭腫ウイルス)に感染した皮膚に起こる皮膚病です。

一口にHPVといっても自然界にはその数100種類以上存在します。それだけたくさんの種類がありますから、症状や発症部位は多岐に渡ります。

今回は、主に手指に発症すると言われているHPVの考察をしていきます。

【関連記事】手のひらにできるイボはウイルス性?原因と治療法

尋常性疣贅

HPV2を原因とするイボです。このウイルスは健康な皮膚には感染する事はなく、主に擦り傷、切り傷などの小さな傷口からウイルスが侵入し感染がおこります。

イボに対する免疫力は個人差が大きく、手指に傷が出来やすい方(職業柄や、日常生活の差異)がウイルス性イボを発症させやすいといえます。形状は、ゴツゴツ(でこぼこ)しており、カリフラワー状になっていると例えられることもあります。

タコや魚の目などと思い込み間違った対処をしてしまうと、周囲に拡大し多発したり、巨大化するなど悪化させてしまう可能性もあります。人から人へはうつったりはしません。

【関連記事】イボってうつる?うつらない?いぼができる原因とケア方法

しかし、一旦できてしまうと、どんどん巨大化したり他部位にうつったりするため早めの対処が望ましいといえます。爪周辺にできた場合、爪の変形や変質が起こる事もあり、注意が必要です。

ウイルス性イボの為に指先などの皮膚が分厚くなってしまった場合、難治化しやすいといえます。ウイルス性のイボであるかどうかの診断は、見た目の視診とイボを削って形状を見極める診断でなされます。イボを削り、古い点々状の出血斑が見られればウイルス性イボと診断できます。

この古い出血斑とは、イボ特有の肉芽腫(血管の塊)で、角化層に侵入した血管が黒っぽい点々で透けて見えたものなのです。

【関連記事】イボが6ヶ月以内に増えたり大きくなったら悪性腫瘍のリスクが!?

指にできるイボの考察まとめ

イボ 指
指先や手にできるイボは、基本的に痛みや痒みはさもないので、「デキモノ?」と思いかきむしったりして悪化させて難治化する可能性が大きいイボだといえます。

【関連記事】イボがかゆいからって掻いたらキケン?!かゆい時の対処法は?

初期でしたら治療は比較的簡単ですが、悪化させてしまったら見た目も悪いですし、治療も難治化します。自己判断せず、専門医療機関で早期に最適な治療をする事が望ましいと言えるでしょう。

【関連記事】イボの除去方法まとめ
【関連記事】邪魔なイボは自分で切るイボ取りをしてもいいの?安全なの?

まとめ

  • 手指のイボのほとんどは、ウイルス性のイボ。HPVに感染した皮膚に起こる皮膚病。
  • 尋常性疣贅はHPV2を原因とするイボ。健康な皮膚には感染する事はなく、主に擦り傷、切り傷などの小さな傷口から侵入し感染がおこる。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。