顔にできるイボの種類と症状

顔イボ画像

顔にイボができる。考えただけでもなんだか憂鬱になりますよね。しかし、手指や、足にできるイボと同じ様なイボが顔にできる事はあまり一般的ではありません(絶対できない、というわけではありません)。
では、どういったイボが顔に出来やすいのか。もしかしたら、あなたの気になるその、シミやほくろのようなものは、イボかもしれませんよ。
ここでは顔に出来やすいイボについて詳しく考察してみましょう。

顔に出来るイボの種類別症状と原因

脂漏性角化症

イボ 顔
20代から発症し始め、年齢と共に増加する傾向にあります。80代以上のいわゆる高齢者にはほとんど発症が認められる老人性イボです。加齢の他にも紫外線が影響していると考えられます。

症状は主に顔面にできる事が多く、角質が厚くボタン状に盛り上がり、表面はザラザラしています。色は肌色から褐色、そして黒色です。出来やすい方、出来にくい方がおり、出来やすい方は、1つだけできる事は稀で多発する傾向にあります。一般的に痛みや痒みはなく良性のものがほとんどです。

【関連記事】黒いイボは脂漏性角化症?大きくなることもあるってホント?

稗瘤腫

目の周りにできやすい白い小丘疹です。大きさは直径1mmから2mmです。こすったりする物理的刺激や炎症により、表皮の角化細胞が破壊されてできる角化性嚢腫です。火傷や、外傷後できる場合もあります。

痛みや痒みなどの自覚症状はなく、ほとんどが良性です。

【関連記事】目の近くのポツポツ稗粒腫(ひりゅうしゅ)の取り方とは?

汗管腫

下瞼の周りの皮膚に出来やすいイボです。比較的女性に多く発症するイボだと言えます。エクリン汗腺の真皮内汗管が増殖する事により、発症します。大きさは1mmから3mmの丘疹です。

肌色から薄黄色い盛り上がりのあるイボが目の周りに多発します。1つ1つは小さいですがくっついて大きく地図状になる事もあります。色のない(薄い)ほくろのような感じです。こちらも痛みや痒みなどの自覚症状はありません。

しかし、他のイボより深部まであるイボとされています。

脂線増殖状

成熟した脂腺が増殖し皮膚表面から盛り上がり隆起してくるイボです。高齢者の前額や頬や、鼻などの顔面に発症します。大きさは3mmから8mmほどのイボです。白から薄黄色の丘疹または扁平な隆起で中央に小さなくぼみを要し多発する事が多いです。

青年性扁平疣贅

これは先ほどまでに出てきた老人性イボとは違い、HPV(ヒトパピローマウイルス)3、10によるウイルス性のイボです。若年者の顔面に発症します。ほんの少し隆起した小さい扁平な丘疹が多発します。

髭剃りなどの刺激で悪化します。自覚症状はほとんどありません。

【関連記事】ウイルス性イボの原因と種類

顔にできるイボの考察まとめ

顔にできるイボのほとんどは、加齢による老人性イボで、良性とされています。そして有効的な予防法もなく、出たら処置するといった対処療法しかありません。男性は、自覚症状もないし、見た目の問題だけならと放置しておくと言う方も多いでしょう。

しかし、稀に悪性な場合がある為、気になる方は自己判断せず専門医療機関で調べてみて下さいね。

【関連記事】邪魔なイボは自分で切るイボ取りをしてもいいの?安全なの?
【関連記事】イボの除去方法まとめ

まとめ

  • 顔にできるイボのほとんどは、加齢による老人性イボで、良性とされている。
  • 顔に出来るイボには「脂漏性角化症」「稗瘤腫」「汗管腫」「脂線増殖状」「青年性扁平疣贅」などがある。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。