老人性イボはうつる?今さら聞けないイボの基本

老人性イボ うつる

若くてもできてしまう老人性イボは、人から人にうつるのでしょうか。イボの特性によっては、人に感染してしまうタイプもあるので、注意が必要です。特に角質の厚み部位にできやすいウィルス性のイボには注意すべきでしょう。

うつるイボとうつらないイボの特性の違いや、対策も検証します。

うつるイボの特徴

老人性イボ うつる
基本的にイボは痛みや痒みを生じないために、特に治療の必要はないでしょう。ですが、美容上、気になる場合や擦れて生活に支障がある場合などは、除去を考えたほうが良いのです。

それ以上に、除去を考えなければならないイボは「うつるイボ」です。真っ先に皮膚科での除去治療に臨むべきでしょう。感染する恐れのあるイボは、主に角質の厚い膝、肘、指、足裏などに発生しやすくなります。なぜなら、うつる性質のイボは角質の厚い部位を好み繁殖します。

ヒトパピローマウイルスという種類のウィルスが角質にできた傷口などから入り込み、イボとして発生してしまうのです。こうしたウィルスは、角質の薄い首や顔などに発生する確率は低くなります。乾燥してバリア機能が乱れた肌はあらゆる刺激を受けやすく傷にもなりやすいでしょう。なるべく傷を作らないように日頃から気をつけるべきですね。

さらには、通年の保湿ケアもしっかり行う事が大切です。また、感染源であるプールや公衆浴場などの場所に頻繁に行く事も控えましょう。

【関連記事】イボの原因とは?ウイルス性イボと老人性イボの違い
【関連記事】手のひらにできるイボはウイルス性?原因と治療法

ウィルス性のイボは自宅でのセルフケアだけではなかなか改善しにくいため、皮膚科での治療がベストです。その治療法には、保険が適用され、自費負担の少ない液体窒素治療や、保険適用外でコストはかかるものの、シミなどの跡を残さないメリットのあるレーザー治療などがあります。

また、こうした治療で除去困難なウィルスイボは、切開手術などが施されるケースもあります。イボの数や部位などに応じて治療法を選ぶ事が大切ですね。

【関連記事】イボ手術に保険は効く?痛みや傷は残る?施術費用の平均とは
【関連記事】老人性イボのレーザー治療は保険適用?料金はどのくらいかかる?

老人性イボはうつるの?

老人性イボ うつる
老人性イボはウィルス性のイボではなく良性のイボであるため、うつる心配はないでしょう。稀にウィルス性の老人性イボも存在しますが、その発生率は高くありません。ですが、イボの数が半年で急激に増加したり黒ずみを帯びてきたりすればセルフケアでの改善は難しくなるため、専門医の診療が必須になります。

【関連記事】杏仁オイルで老人性イボを改善するコツって?理想のケア方法
【関連記事】老人性イボのレーザー治療は保険適用?料金はどのくらいかかる?

老人性イボの原因はウィルスではなく、ターンオーバーの乱れや、摩擦、紫外線、加齢などが原因ですので、人から感染したり人へ感染させたりと言う心配はないのです。ですが、それ以上イボを増やさないようにしなければ、ファッションも限られてしまいますし、人の視線まで気にしてしまうでしょう。

特に遺伝要素のある方は、20代の早い時期からでもイボが発生しやすくなりますので、早い時期から日々のイボケアを充実させる事が大切ですね。

【関連記事】老人性イボ予防は基本3つ!お肌に悪影響を及ぼすことはNG!
【関連記事】イボはなぜできるの?顔や首にできるイボの原因

まとめ

  • うつる心配のあるイボとは、主に角質の厚い膝、肘、指、足裏などに発生しやすく角質の厚い部位を好み繁殖する。感染源であるプールや公衆浴場などの場所に頻繁に行くのも控えたほうが賢明。
  • ウイルス性か否かは素人では判断しにくいため、不安な場合は専門医に診てもらうべき。
  • 老人性イボはほとんどが良性で感染の恐れのない良性のものだが、まれにウイルス性のイボも確認されているため、短期間でイボが増殖したり黒みを帯びてきた際には専門医の診療を。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。