イボのケア

首イボ除去は皮膚科に行くべき?治療の内容と費用・保険の有無

首イボ除去

皮膚科ではイボの除去治療が可能です。イボにも大きさや形などがあり、それに見合う治療が選択されるでしょう。ですが、治療法によっては保険が適用される保険診療の場合とされない自費治療があるため、確認しなければならないでしょう。

また、治療後に生じるリスクなどを交えながら、皮膚科におけるイボ治療について解説します。

続きを読む

老人性イボに市販薬は効果があるの?原因に合わせてケアすることが大切!

老人性イボ 市販薬

首や胸などの柔らかい皮膚にできやすいポツポツは老人性イボと言われています。

老人性イボに対して、ウイルス性イボ除去目的の市販薬を使用するのは、余計に症状を悪化させるなどして危険です。老人性イボの特徴をよく理解して、効果的な市販薬や化粧品を使用しましょう。

続きを読む

老人性イボの治療費と液体窒素での治療内容とは?保険は適応される?

老人性イボ 治療

痛くもかゆくもない老人性イボの治療は、決して必須ではありません。悪性度も低く、ウイルス感染などの心配もないからです。

ですが、大きさや、数によっては、ビジュアル的にない方が良いと考える人が多いと言えるでしょう。

そんな老人性イボの治療の種類を保険適用可か否かを含めて検証いたします。

続きを読む

自宅で簡単ケア!イボの治療に使える薬3選!

イボ 治療 自宅

イボを病院で治療しようと考えた場合、治療費はもちろんですが病院へ通う時間などもかかることから「面倒だ…」「仕事が忙しくて病院はちょっとなぁ…」と思ってしまうのが本音だと思います。

そんな方のために、自宅でイボ治療をするときのポイントを紹介します。

続きを読む

ルイボスティーはイボを治す魔法のお茶!?妊娠中でも安心な理由

イボ ルイボスティー

長年苦しんできたイボをルイボスティーでケアできるとしたら、試してみる気になりませんか?

イボの正式名称は老人性疣贅(ゆうぜい)、身体の老化が進んでいる証拠です。まだ年齢が若いのにイボがあるなら、体内の活性酵素が異常に増えている可能性があります。活性酵素は老化以外にも、不摂生な生活や紫外線の影響で一気に増えます。

身近な病気の9割は活性酵素のせいで起こるとも言われていますが、イボもその1つです。潰瘍やポリープができ、やがて癌になる恐れもあるので、早い段階で活性酵素対策に取り掛かる必要があります。

ルイボスティーはただ美味しいだけではなく、活性酵素を取り除く効果が高い抗酸化飲料です。ドラッグストアでも気軽に購入できる身近な飲み物です。

続きを読む

道具は逆効果?病院へ行かずに角栓イボを除去する方法と注意点

コメドプッシャー

病院へ行かずに角栓イボを除去するために、コメドプッシャーを使う方が増えています。コメドプッシャーは、毛穴に詰まった角栓を取り除くための道具です。

結論から先にお伝えしますと、コメドプッシャーは角栓イボには使えません。なぜ角栓除去道具で角栓イボを取らない方が良いのでしょうか。それは「角栓=角栓イボ」ではないから、と言う単純明快な理由からです。角栓のように見えますが、角栓イボは角栓ではなく、水イボです。

水イボはウイルス性のイボなので、道具で取り除く時にウイルスが広がり、自己感染する恐れがあります。同じ湯船に浸かるぐらいでは感染しませんが、ウイルスがついたタオルを共有すれば家族や恋人にも同じ水イボができる可能性はおおいにあります。

続きを読む