杏仁オイルで老人性イボを改善するコツって?理想のケア方法

老人性イボ 杏仁オイル

老化性イボには杏仁オイルが効果的です。その理由は若返りの成分とされる必須脂肪酸が豊富に含まれているからです!

杏仁オイルで気になるイボ対策をしましょう。杏仁オイルの重要成分を交えながら、オススメの商品もご紹介いたします。

老人性イボは皮膚の老化が原因

老人性イボ画像
老人性イボの原因は以下のように多数考えられます。

  • 老化現象
    年齢を重ねる事によって生じる新陳代謝の衰えから、肌に老廃物、古い角質、メラニンなどが蓄積されてイボになってしまう現象です。
  • 遺伝的要素
    親が老人性イボを若い頃から多発しているケースでは、その子供も遺伝の確率が高いと言えるでしょう。
  • 紫外線
    紫外線により、肌の刺激となりメラニンが増殖されます。それが、なんらかのターンオーバーの乱れから、排出されづらくなってシミやイボ化してしまいます。
  • 肌への摩擦や刺激
    衣類やアクセサリーの擦れから、肌が摩擦や刺激を受けて、イボ化しやすくなります。
  • ストレスや喫煙
    ストレスや睡眠不足によるターンオーバーの乱れや、喫煙により肌に良いとされるビタミンCの吸収率が悪くなり、イボが発生しやすくなります。

これらの原因が重複しているケースも否めず、イボケアには、すべての原因を想定したものを考慮しましょう。
その中でも、“老化”による原因は人間として自然な流れで、いた仕方のない原因にあたるかもしれません。

特に、年齢を重ねる事によって生じる老化イボは、肌の代謝機能をあげたり、保湿や油分を補う事によって緩和されるケースも少なくありません。あきらめない日常のスキンケアにも注目してみましょう。

【関連記事】老人性イボの原因と種類

セルフケアなら杏仁オイル

杏仁オイルイメージ画像"
老人性のイボをケアするならば、杏仁オイルでのケアを習慣化させましょう。なぜ杏仁オイルがオススメかと言うと、以下にあげるような“肌の若返り”をサポートする“必須脂肪酸”が豊富に含まれているからです。

  • パルミトレイン酸
    杏仁オイルの中で最も若さを補助してくれる主要な成分です。老化により衰えがちな新陳代謝を促進し、保湿をする事によって角質を柔軟にする働きがあります。
  • リノール酸
    肌を外部刺激から守るバリア機能を向上する働きを持ちます。
  • オレイン酸
    人間の皮脂に含まれている成分で、肌になじみやすく、酸化しにくい脂肪酸です。水分が蒸発する事を抑える効果もあります。
  • パルミチン酸
    肌の新陳代謝を活性化するビタミンAを安定的に維持する働きがあります。
  • ステアリン酸
    肌に保湿を与えて、柔軟な肌に整える効果があります。

これらの美肌に必須とされる脂肪酸が豊富に含まれているのが“アプリアージュオイルS”です。

アプリアージュオイルS

南フランス産杏仁オイル《薬用美容オイル》アプリアージュオイルS
引用元:「アプリアージュオイルS」公式ページ

 
上記で述べた主要な脂肪酸だけでなく、イボのポツポツを滑らかにするヨクイニンや、皮膚をやわらげる植物性スクワランなどが配合されて、総合的に、老人性イボに働きかけてくれるでしょう。

また、厳選度の高い南仏産アプリコットを使用し、油やけやオイルのぬるつきやベタつきがありません。つけるときはマッサージなどをしながら、肌の代謝機能をアップさせるようになじませていきましょう。セルフケアのイボケアとして最も効果的な杏仁オイルです。

【公式サイト】「アプリアージュオイルS」公式ページで確認

【関連記事】世界品質の南フランス産杏仁オイル配合!アプリアージュオイルS

油分だけではダメ!水分補給も忘れずに!

化粧水を使う女性画像
老人性イボに効果的な杏仁オイルは、様々な美肌オイルがしっかりと補えるセルフケアです。ですが、必須ケアはこのような油分だけではありません。

細胞の内側に水分をしっかり補う事で、肌の若返りが期待できるでしょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどが豊富に配合された化粧水などでしっかりと水分を浸透させてから、その水分を逃さないように、まるでベールをかけるように油分を補うのが理想のイボケアとなります。

【関連記事】「若さの脂肪酸」杏仁オイルは天然美容オイル!その成分と効能とは

まとめ

  • 年齢を重ねる事によって生じる老化イボは、肌の代謝機能をあげたり、保湿や油分を補う事によって緩和されるケースも少なくない。
  • なぜ杏仁オイルがオススメかと言うと、“肌の若返り”をサポートする“必須脂肪酸”が豊富に含まれているから。
  • ヒアルロン酸やコラーゲンなどが豊富に配合された化粧水などでしっかりと水分を浸透させてから、その水分を逃さないように、まるでベールをかけるように油分を補うのが理想のイボケア。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。