保険が使えないイボ治療の値段は?液体窒素とレーザーのメリット・デメリット

イボ治療 値段

イボの治療は、一回で済むわけではありませんし、回数を重ねるごとに気になるのはトータルの値段ですよね。

今回は、イボ治療の種類や一回にかかる費用などについてお話ししたいと思います。

液体窒素?手術?イボ治療の値段

イボ治療 値段
金欠病の真っ最中にケガや病気をしてしまい、治療費が惜しくて受診をためらってしまった経験はありませんか? いくらかかるのか分からないと、不安になりますよね。お会計の時までずっとドキドキしていると、ドッと疲れてしまいます。けれどご安心ください。イボ治療の値段はそう高くありません。

一番メジャーな凍結療法は、1回1,000円程度で済みます。重症の場合外科手術を行うこともありますが、基本的に健康保険が適用されます。凍結療法と漢方治療を併用しても、薬代も含め1ヶ月分の治療費は3,000~4,000円ぐらいあれば足ります。

【関連記事】イボの液体窒素治療の痛みと効果が出る意外な回数とは?

要注意!!保険が使えないイボ治療も

イボ治療イメージ画像
ただし、保険が使えないイボ治療もあります。
ズバリ、レーザー治療は自由診療扱いになります。1ヶ所につき高ければ3万円近くかかることもあるのでご注意下さい。

凍結療法の痛み、色素沈着が残るリスクを嫌がり、高くてもあえてレーザー治療を選ぶ患者さんもいらっしゃいます。皮膚の薄い顔にできたイボも、レーザー治療向きです。

イボ治療に使われるレーザーは炭酸ガスレーザーやヤグレーザーなど。場所やサイズによっては痛みが強く出るので、局所麻酔が使われます。麻酔なしでレーザーを当てると、若干痛みを感じるかも知れません。

よく“輪ゴムを弾いたようなバチッとした痛み”と表現されます。いずれにしても、凍結療法の強烈な痛みとは比べものにならないほどの軽い痛みです。痛みの軽さこそ、レーザー治療最大のメリットです。

治療後は患部にテープを貼ってガードします。施術して何日か経つと次第にカサブタができ、自然に剥がれます。剥がれてすぐは陥没していることもありますが、数ヶ月も経てばどんどん平らになり目立たなくなります。

【関連記事】スキンタッグにレーザーはベストな治療法?痛みや費用はどのくらい?

傷痕が残るって本当?イボの切除手術

イボ治療 値段
イボを見つけたら、すぐに皮膚科を受診しましょう。見て見ぬフリは禁物です。放置しても自然治癒することはありませんし、大きくなると切開切除手術を受けなくてはなりません。

メスを使ってイボを切除した後は、切開したところを縫い合わせテープで傷口を固定します。術後1週間後に抜糸するまでに、2~3回通院しなくてはいけません。赤みは半年も経てば落ち着きますが、傷痕はずっと残るので重症化する前に凍結療法やレーザー治療で治してしまいましょう。当然、イボが小さいほど通院回数も少なくて済みます。

なお切除手術は保険が効くので、5,000円しない治療費で受けられます。

【関連記事】首イボ除去は皮膚科に行くべき?治療の内容と費用・保険の有無

まとめ

  • 凍結療法は基本的に保険適応で1回1,000円程度。薬代も含め1ヶ月分の治療費は3,000~4,000円ぐらい。
  • レーザー治療は自由診療扱いになるため1ヶ所につき高ければ数万円になることもある。
  • イボは放置しても自然治癒することはなく大きくなると切開切除手術になることもあるので、早期治療が大事。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。