ステロイドの副作用でイボができるって本当?原因と対処法

イボ ステロイド

アトピー性皮膚炎などに用いられるステロイド外用薬。その効果はいつも強い副作用と隣り合わせで使用することがほとんどですね。その副作用の中でも、長期の使用で稗粒種というイボが発生しやすくなるということはご存知でしょうか。

ステロイドにより、イボができてしまった時の対処法を検証します。

顔にステロイド剤を使うとイボが多発する?

イボ ステロイド
アトピー性皮膚炎の症状が酷くなると、その症状に応じてステロイド剤が処方されることがあります。

ちなみに、深刻なステロイドの副作用を避けるためにも長期の使用は控えたいものですが、なかなか薬を制限したり増量したりとコントロールしにくいのがステロイドです。そしてステロイドを長期使用することでイボが多発するという、美容上見過ごせない副作用もあるのです。

このイボですが、稗粒腫と呼ばれ痛くもかゆくもないのですが、ニキビ初期のコメドのように潰したり洗ったりしても除去できません。大きな原因はわかっていませんが、ステロイドを長期的に使用した人ができやすいという事や、遺伝的要素があることも分かっています。

特に皮膚の薄い目周りは刺激を受けやすかったり、紫外線が当たりやすい部位であったりするため、イボが増えやすい傾向にあります。

【関連記事】目の近くのポツポツ稗粒腫(ひりゅうしゅ)の取り方とは?

ステロイドとは

ステロイドとは、腎臓の上端にある副腎と呼ばれる臓器から抽出されるホルモンで、過剰になった自己免疫力を抑制させたり、体の中の炎症を抑制させたりします。一番良く知られているのが、アトピー性皮膚炎による治療薬としてのステロイドでしょう。

ですが、その期待できる効果とは紙一重に、長く使用継続することで重大な副作用が懸念されています。場合によって、大量のステロイド薬を使用する時は、入院管理が必要になるケースもあり、それだけ慎重に使用継続させる薬品である事は確かです。

主なステロイドの副作用は、

  • 高血圧
  • 浮腫み
  • 糖尿病
  • 白内障
  • 緑内障
  • ニキビ
  • 脱毛

など、個人差こそありますが、あらゆる臓器に支障をきたすことが心配されます。いずれにしても、微量とはいえ皮膚科医の元で正しく使用する事が条件です。

【関連記事】イボがイソジンで治る?!「イソジン軟膏」の効果と副作用
【関連記事】ヨクイニンでニキビ悪化!?アレルギーにも気をつけて!

ステロイド使用でイボが多発した場合の対処法

イボ ステロイド
もしステロイドの使用でイボが多発してしまったという時には、その要因であるステロイド剤をやめることが先決です。

また、初めから使用しないことが、目の周りのイボ予防となるでしょう。ですが、ステロイドは皮膚疾患を治療する上で欠くことのできない治療薬でもあります。使わなくなることでアトピー性皮膚炎を悪化させてしまうような本末転倒な結末にならないようにしなければなりません。

こうした場合、イボの状況を皮膚科医に相談して、ステロイド薬の使用制限や弱めのステロイド薬に変えてもらうなどしましょう。

【関連記事】目の周りの白い粒「稗粒腫」をピーリングで取る方法とは?

まとめ

  • ステロイドを長期使用することでイボが多発するという、美容上見過ごせない副作用がある。
  • 大量のステロイド薬を使用する時は、入院管理が必要になるケースもあり、それだけ慎重に使用継続させる薬品である事は確か。
  • ステロイドの使用でイボが多発した場合はステロイド剤をやめることが先決。
    ステロイドによってできたイボの状況を皮膚科医に相談しましょう。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。