老人性イボのレーザー治療は保険適用?料金はどのくらいかかる?

老人性イボ レーザー

顔や首に容赦なくできてしまう老人性イボ。見た目にもあまり良い印象はなく、メイクやファッションも快く楽しめないと言う人もいるでしょう。また、イボ治療をスタートさせても何回も通院が必要だったり、処置後の傷跡が気になったりしますよね。そんな時、レーザー治療を視野にいれる事で老人性イボの治療がスムーズに行われる事があります。ですが、レーザー治療には種類があり、金額面に関しても一筋縄でいかないケースもありますので、レーザー治療に関する知識を持って老人性イボの治療に望むべきでしょう。

皮膚科でのレーザー治療

老人性イボ レーザー
皮膚科で老人性イボをレーザー治療できるのでしょうか。またその費用やメリットデメリットはあるのかを検証しましょう。

皮膚科での老人性イボ治療は主に液体窒素治療によるものや、ハサミで切るなどの治療になるでしょう。また、イボが大きめであれば手術という治療がとられます。これらは基本的に、保険診療扱いになるため、一回の通院で1,000円〜2,000円程度の費用になるでしょう。また、手術の場合は麻酔や術後の処置を含む1万円程度が相場です。

【関連記事】老人性イボの治療費と液体窒素での治療内容とは?保険は適応される?

ですが、こうした保険診療内での治療は1回の通院で綺麗にイボ除去できないことがほとんどで、傷跡を残してしまう確率も高めです。

そこで、これらの保険診療内の治療で改善が見られない場合、レーザーを使った老人性イボの除去に切り替える方も少なくありません。皮膚科におけるレーザー治療は、おもに炭酸ガスレーザーを使って除去するものです。基本的には保険診療外であるため自費治療ということになるでしょう。

【関連記事】首イボ除去は皮膚科に行くべき?治療の内容と費用・保険の有無

ですが、ウイルス性のイボや悪性のイボが疑わしい時は、保険が適用になるケースもあるため、医師の診断が必要です。もし、自由診療でレーザー治療を行う場合、1箇所5,000円〜1万円程度だと考えましょう。ですから、老人性イボの範囲や大きさ、症状によって価格が大幅に変わってきます。イボがたくさんあれば、治療費は高額になります。

【関連記事】イボの原因とは?ウイルス性イボと老人性イボの違い

美容皮膚科でのレーザー治療

老人性イボ レーザー
傷跡を残すことなく綺麗に老人性イボを取り除きたい場合、美容皮膚科でのレーザー治療を視野にいれましょう。ですが、美容皮膚科で行うレーザー治療は美容目的であるという前提から、すべて保険適用外です。価格は1箇所当たり5,000円~1万円で、皮膚科で行うレーザーと同等です。さらに、美容皮膚科には数種類の高度なレーザー機器があるため、レーザーの選定によっては高額になってしまうことも否定できないでしょう。

また、老人性イボは顔や首などにできやすいですが、首へのレーザーは傷跡を残すリスクも高めです。そうした観点から、老人性イボについて知識豊富で、施術件数の多い医師の元で治療してもらうことが望ましいです。ちなみに、美容皮膚科によっては、イボが綺麗に除去されない場合などについての保証制度が設けられていることもあります。

【関連記事】首イボ除去は皮膚科に行くべき?治療の内容と費用・保険の有無

まとめ

  • 皮膚科での老人性イボ治療は主に液体窒素治療によるものや、ハサミで切るなどの治療になる。
    イボが大きいと手術になることも。
  • 皮膚科でのレーザー治療は主に炭酸ガスを使用して除去するもので、保険は適用されないため自費治療になる。
  • 皮膚科でのレーザー治療費用は1箇所当たり5,000円~1万円。
    美容皮膚科では数種類のレーザー機器があるため、レーザーの選定によっては高額になってしまうことも。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。