邪魔なイボは自分で切るイボ取りをしてもいいの?安全なの?

イボ イボ取り

イボは自分で取ることも可能ですが、種類によってはすぐに病院を受診しなければなりません。
イボ、イボ取り、いぼ取る、取り方、自分で取る、自分で切る…こんなキーワードで情報を検索している方は「できたイボをどうにかして自分で取れないか?」と悩んでいる筈です。
「病院に行くのが面倒」、「治療を受ける時間がない」、「イボを見せるのが恥ずかしい」等など、事情を抱えているかも知れませんが、触ってはいけない種類のイボもあるのでご注意ください。

すぐに受診しなければいけないウイルス性のイボ

発見したら即座に治療しなければならないのは、ウイルス感染によってできたイボです。自然に治るケースも稀にありますが、他の部位にも広がってイボが増える可能性があります。周りの人に感染させてしまう恐れもあるので早く治療しましょう。

イボに潜んでいるウイルスを除去しない限り、巨大化、増加、感染を食い止めることはできません。

早い段階なら病院でもハサミで切り取る簡単な治療で済みますが、大きく育ってしまっている場合はレーザーや液体窒素が使われます。

【関連記事】ウイルス性イボの原因と種類
【関連記事】イボの液体窒素治療の痛みと効果が出る意外な回数とは?

イボは自分でハサミで切れる?

ウイルス性を伴わない、加齢による皮膚の老化の影響でできたイボだけが、自分で処理することができるイボです。首などにイボができると非常に目立ちますし、見た目年齢も一気に上がってしまいますよね。

実際、イボは加齢トラブルの1つで老けて見られることは間違いありません。イボが頻繁にできるようなら、皮膚の老化が進んでいるサインかも知れません。

もし小さなイボができたら、ハサミでカットしてみて下さい。ヨクイニンや市販の飲み薬、ナスのヘタを使った民間療法などもありますが、ハサミならただ切るだけで良いので切り過ぎないよう気をつけるだけでOKです。

ほとんど痛みを感じることはありませんし、うまくイボだけカットすることができれば血も流れない筈です。

【関連記事】ヨクイニンとは?イボにはどのくらいの期間で効果があるの?
【関連記事】老人性イボの原因と種類
【関連記事】首イボの種類と症状

イボもハサミも清潔な状態で自己処理にトライ

良性のイボでも、放置しておくと次第に大きく成長してしまいます。

ハサミで切った後は化膿止めの軟膏を塗り、ばい菌が入らないよう絆創膏でガードしておけば万全です。いくら良性でも平たいタイプのイボには向かない方法ですが、きちんと処理すれば跡が残ることもほとんどありません。

自分でハサミを使う勇気が出ないなら、やはり皮膚科に予約を入れるしかありません。ハサミで切り取る方法なら保険が適用されるので、高額の治療費がかかることもありません。

【関連記事】自宅で簡単ケア!イボの治療に使える薬3選!

まとめ

  • 発見したら即座に治療しなければならないのは、ウイルス感染によってできたイボ。周りの人に感染させてしまう恐れもあるので早期治療を。
  • ウイルス性を伴わない、加齢による皮膚の老化の影響でできたイボだけが、自分で処理することができる。
  • ハサミで切った後は化膿止めの軟膏を塗り、ばい菌が入らないよう絆創膏でガードしておく。
  • ハサミで切る方法は平たいタイプのイボには不向き。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。