イボがイソジンで治る?!「イソジン軟膏」の効果と副作用

イボ イソジン

イボができてしまった場合、病院で治療するのが最も効果的なのですがどうにも重い腰があがらないという人もいるでしょう。

そんな人のために今回はイソジン軟膏を使ったイボの治し方をご紹介します。

「イソジン軟膏」うがい薬だけじゃないんです

「イソジン」というと多くの人はうがい薬を想像すると思います。しかし、実はドラッグストアなどでは「イソジン軟膏」というものも販売されているのです。

イソジン軟膏

【第3類医薬品】イソジン軟膏 5g
引用元:Amazon

 
イソジン軟膏には「ポビドンヨード」といわれる成分が含まれており、短時間での殺菌・消毒効果があります。

効果・効能には「切り傷、さし傷、すりむき傷、靴ずれ、やけどなどの幹部の殺菌・消毒」と明記されているのが確認できます。つまりイソジン軟膏でイボの原因となるウイルスを殺菌して、イボを治そうというのが今回紹介する方法なのです。

ただしイボとひとことでいっても、加齢が原因でおこる「老人性疣贅」やウイルスに感染することで起こる「ウイルス性疣贅」などがあります。

イソジン軟膏を使った治療方法は「ウイルス性疣贅」に分類されるイボに対して効果が期待できるということは覚えておいてください。

【関連記事】老人性イボ治療にはオリーブオイルなどのオイルケアが効果的
【関連記事】ウイルス性イボの原因と種類

イソジンを使用する際の副作用と注意点

イソジン軟膏を使ってイボを治そうとする場合、副作用に注意してください。

イソジン軟膏にはポピドンヨードが含まれていますが、この成分に過剰に反応してしまう「ヨード過敏症」という症状があります。

症状としては、皮膚炎、かゆみ、嘔吐、皮膚の変色などがあげられます。

イソジン軟膏自体はドラッグストアなどで簡単に手に入る薬でもありますし、危険な薬というわけではありません。しかし、実際に使ってみて異常を感じたらすぐに使用を中止してください。

それからイソジン軟膏は、一般的な軟膏でみる白色ではなく、茶色になっています。そのため、服についてしまうと目立つので、特に外出時などは注意しましょう。

イソジン軟膏の効果的な使い方は?

イソジン軟膏を使ったイボの治し方の基本は、患部を清潔にしてイソジン軟膏を塗るだけです。しかし、どうせならなるべく早く、なるべく確実にイボをなくしたいところです。

そのためには、患部を清潔にしてイソジン軟膏を患部に塗ったら、その上からガーゼや絆創膏で保護しましょう。こうすることで効果を高めることができますし、服に薬が付着するのを防ぐことができます。

イソジン軟膏には患部を殺菌、消毒する効果があり、これがウイルス性のイボに有効な場合があります。ただし、これはあくまで可能性があるだけであり、必ずイボが治るということではありません

それでも病院へ行くよりは手軽な方法でもあるので、イボで悩んでいる人は試してみるといいでしょう。

【関連記事】自宅で簡単ケア!イボの治療に使える薬3選!

まとめ

  • イソジン軟膏を使った治療方法は「ウイルス性疣贅」に分類されるイボに対して効果が期待できる。
  • イソジン軟膏にはポピドンヨードが含まれており、この成分に過剰に反応してしまう「ヨード過敏症」という症状があるので使用の際には注意が必要。
  • イソジン軟膏を使ったイボの治し方の基本は、患部を清潔にしてイソジン軟膏を塗るだけ。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。