指イボに痛みが出る原因と対処法とは?

イボ 痛み

指のイボが痛いとお悩みなら、早急に皮膚科に予約を入れましょう。ウイルス性のイボは痛むと誤解している方が少なくないようですが、ウイルス性にしても老人性にしても、そもそもイボそのものが痛むことはありません。
体重がかかる足裏、靴で圧迫される足の指のイボが痛むのは不思議ではありませんし、首や肩のイボが衣類と擦れて強い痛みを感じることも珍しくありません。けれど本来無痛の筈の手のイボが痛む場合、イボの痛み、指が痛い原因を探ると、思わぬ異常が見つかることも。

痛むイボは神経疾患が原因かも

例えば、神経系統を患っていると、ちょっとしたイボでも痛みを感じることもあるようです。イボ自体、利き手利き足によくできる傾向があります。頻繁に使う利き手利き足の指にできてしまった上、痛みも伴うとなると強いストレスの原因にもなりかねません。

見た目を気にしないなら放置しても特に問題はない老人性イボと違い、感染するウイルス性イボは皮膚科で治療する必要があります。放置すればどんどん広がり数も増えますので、イボの種類を確かめる為にも早急に診て貰いましょう。

【関連記事】老人性イボの原因と種類
【関連記事】ウイルス性イボの原因と種類

治らないイボは腫瘍やガンの可能性も!

指にイボができると、ペンやお箸を持ったりスマホ操作などをする時に邪魔で仕方ありませんよね。人目に触れる場所なので、思わぬ手を引っ込めたくなるような場面に遭遇することもあるかも知れません。

皮膚科では液体窒素で凍らせてイボの組織を壊死させる治療法や軟膏療法、レーザー治療が提案されます。こういった治療法でも中々治らないようなら、皮膚腫瘍やイボ状ガンの可能性も否定できません。

【関連記事】イボの液体窒素治療の痛みと効果が出る意外な回数とは?
【関連記事】イボが6ヶ月以内に増えたり大きくなったら悪性腫瘍のリスクが!?

その他、虫に刺された後に発症する皮膚リンパ球腫、関節液が溜まってできる瘤の可能性も。

単純なウイルス性イボ、老人性イボと誤診されることも多く、正確に病名を診断する為には患部を2~3ミリ切り取って調べる皮膚生検などの診断法も欠かせません。初期症状ではニキビや湿疹と誤診されたケースも報告されています。CT検査を受け、画像診断で病名が判明することも珍しくありません。

ただの皮膚科でこういった検査は難しい為、皮膚外科や皮膚腫瘍を専門とする医療機関に行く必要があります。大学病院、総合病院のイボ外来の他、イボ治療に強いクリニックを探しましょう。

ちなみに、イボと混同されやすい魚の目やたこはそれぞれ違う病気です。医学用語でイボは尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、魚の目のことは鶏眼(けいがん)、たこは胼胝(べんち)と呼びます。

【関連記事】イボの除去方法まとめ
【関連記事】イボ/ほくろ/うおのめの違いとは?その特徴と治し方のポイント

まとめ

  • 神経系統を患っていると、ちょっとしたイボでも痛みを感じることもある。
  • 皮膚科での液体窒素やレーザー治療でも中々治らないようなら、皮膚腫瘍やイボ状ガンの可能性も否定できない。
  • 皮膚外科や皮膚腫瘍を専門とする医療機関、イボ治療に強いクリニックで検査・治療を受けることをおすすめします。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。