「若さの脂肪酸」杏仁オイルは天然美容オイル!その成分と効能とは

杏仁オイル 成分

いつまでも、若々しくいたいのは、どの女性の願望でもありますよね。ですが、女性の体は年齢とともに大切な美容成分が減少していくものなのです。

それを補いながら髪や肌などの美容効果をもたらす効果のある杏仁オイルの成分に注目が集まっています!

杏仁オイルの成分

杏仁オイル 成分
杏の種から摂取された、5種類の脂肪酸が髪や肌の若返りを現実のものにしてくれるでしょう。主な成分は以下のようなもので、アンチエイジングケアに適したものばかりです。

【関連記事】イボ治療に使われる杏仁オイル

ビタミンE

酸化力が高く血行促進にも効果の高いビタミンEは、血流を良くするため肌色を明るくしたり良質な酸素や栄養素を送り届けてくれる成分です。

オレイン酸

オレイン酸は髪や肌にとても馴染みやすい性質を持っています。保湿効果はもちろんのこと、皮脂の酸化防止にも効果的です。

リノール酸

リノール酸は細胞間脂質と呼ばれるセラミドの成分です。水分保持の役割はもちろんのこと、乾燥肌や角化にも効果を示すでしょう。セラミドが足りないとされるアトピー性皮膚炎や敏感肌対策にも効果を示すでしょう。

ステアリン酸

主に動物、植物油などに含有される不飽和脂肪酸であるステアリン酸は、皮脂成分の補助的役割を果たし、肌を滑らかにする効果を持ちます。肌がなめらかになる事で、化粧ノリが良くなるでしょう。

パルミチン酸

飽和脂肪酸のパルミチン酸は、紫外線を防御する働きがあります。肌のトラブルは紫外線による乾燥や、シミシワなどのトラブルが多いものです。

パルミトレイン酸

杏仁オイル成分中で、最も注目すべきオイル成分のパルミトレイン酸は、“若さを保つ脂肪酸”と認識され、人間の皮脂中に存在します。ですが、30代を界に、年齢と反比例するように減少してしまう成分でもあるため、補う必要があります。

杏仁オイルの美肌効果とは

杏仁オイル 成分
杏仁オイルの美肌効果はとても以下にあげるような幅広いものです。

イボや吹き出物の改善効果

更年期世代に多発するイボ症状は、血行不良により、細胞の増殖などが原因となるでしょう。そうしたイボ治療といえば、レーザーなどのコストがかかる治療ばかりです。

杏仁オイルならば、毎朝、毎晩洗顔の後にイボの多発している部位を中心にマッサージしながら血流をよくしていく事でイボが小さくなり、ある日ポロリと落ちる事があるでしょう。もちろん、イボに限らず、吹き出物や大人ニキビなどにも、効果的です。

【関連記事】粒イボが気になるなら「アプリアージュオイルS」がおすすめ!

シミ改善効果・紫外線予防効果

肌の新陳代謝をアップさせたり、紫外線から肌を保護する効果があります。
よって、シミをできにくくしたり、薄くしたり、さらに予防効果も期待できるでしょう。

【関連記事】杏仁オイルでシワ予防!冬でも乾燥や紫外線には要注意!

美髪効果

髪を美しく保つには、たんぱく質以外にも脂肪や水分、メラニンなどが充実している事が大切です。その脂肪を補うのが、杏仁オイルのパルミトレイン酸です。杏仁オイルをドライヤー前に使用する事で、髪の柔軟性を保ち、傷みにくく艶のあるヘアスタイルに導くでしょう。

【関連記事】杏仁オイルの効能

まとめ

  • 杏の種から摂取された5種類の脂肪酸はアンチエイジングケアに適したものばかり。
  • 杏仁オイルには、イボや吹き出物の改善、シミ改善効果・紫外線予防、美髪効果といった女性には嬉しい効果がある。
イボペディアランキングページ誘導バナー

SNSでもご購読できます。